• このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険などに関する相談の方法

一口に保険と言いましても範囲はかなり広いです。大雑把にいいますと、いろいろな意味で人を「守る」ものになります。そして、「守る」ものが自分だったり他人だったりしますが、とにかく「人」を守るのが目的の一つです。そのほかには物を守ることもあります。例えば、自分の運転する自動車で塀を壊したら賠償する義務が発生しますが、それを補償するのが自動車保険です。 「賠償」というのも大きな肝で、人は「賠償」で人生を破滅させることさえあります。そうしたリスクから守ってくれるのが大きな役割です。 そして、加入する際に悩むのが「どれくらいの保障に入ればいいか」ということです。自分を守るにしても、賠償に備えるにしても「備える」ならできるだけ大きい保障に加入すればよいのですが、それでは出費が多くなってしまいます。結局はバランスが大切なのですが、そうしたことをきちんと整理することが大切です。

基礎知識をきちんと理解してから加入する

死亡したときに支払われるものと病気になったときに支払われるものの二種類があります。死亡したときのものは昔からありますので知られていることが多いですが、病気になったときには正確に理解されていないことがあります。 「病気になったとき」という表現は正確ではなく、「入院したとき」が正しい表現です。つまり病気だけではなくケガをしたときも支払われることになります。例えば、足を骨折して2ヵ月入院したときにお金が支払われます。その金額は契約するときに事前にきめるのですが、例えば1日5千円ときめたときは入院をした日数分が支払われます。これが一番の役割です。人は生活をしていますと、なにかしらの災いに遭遇することがありますが、そのことによって金銭的なリスクを負わないようにするためのものです。

損害保険の基礎知識をきちんと理解しよう

自動車、火災、傷害が主な種類です。自動車は車に関するリスクを補償するものです。冒頭にも書きましたが、賠償を補償してくれるほかに自分自身の身体がケガを負ったときも補償してくれます。火災は文字通り火事が原因で被災したときに補償するもので、傷害はケガをしたときに補償してくれるものです。 このように種類が多く複雑ですので一般の人が理想的な加入方法を考えるのは簡単ではありません。そうしたときに大切なことは、相談する先をきちんと選ぶことです。信頼できる相談相手がいるならそれである程度は完ぺきな対応といえることになります。 基本的に、専門家でさえすべてを覚えていることが困難なのが普通です。一般の人は「誰にも相談せずに理想的な契約はできない」と考えるくらいが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ記事

生命保険などに関する相談の方法

一口に保険と言いましても範囲はかなり広いです。大雑把にいいますと、いろいろな意味で人を「守る」ものになります。そして、「守る」ものが自分だったり他人だったりしますが、とにかく「人」を守るのが目的の一つ...

最近の保険会社は勧誘が少なくなり相談が増えている

大人になると、保険に加入することが多くなります。自動車を所有していれば加入しなくてはなりません。住宅を所有していれば加入する必要があります。さらに、生きていれば生命に関する保障に加入することも重要にな...

全国の店舗で保険相談をしてみよう

なんとなく昔は言った保険に入り続けているという方も多いことでしょう。しかし、その後の家族構成の変化などによって、無駄なものに加入していることもあるはずです。また、お子さんができたなど大きな変化があれば...

保険のことを相談してプランを提案してもらう

保険の内容は分かりにくかったり、さらに特約を付けた方がいいのかなど、難しいことがたくさんあります。自分でプランを作って、インターネットで契約することもできますが、1から勉強して考えるのは大変です。そん...