• このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の保険会社は勧誘が少なくなり相談が増えている

大人になると、保険に加入することが多くなります。自動車を所有していれば加入しなくてはなりません。住宅を所有していれば加入する必要があります。さらに、生きていれば生命に関する保障に加入することも重要になります。このように、私たちの身のまわりにはたくさんの保障をつけておかなければなりません。 一昔前は、業者の方でセールスに来たため大変煙たがられていました。玄関の前にはセールスお断りとプラスチックの看板が貼ってあるのを見たことがある人も少なくないでしょう。ところが、最近はそのようなプラスチックの看板が張られている住宅はめっきり減っています。これは、業者の対応の仕方が変化したからです。業者の対応は、訪問セールスで勧誘をするよりも、お客さんの方から来てもらう他のセールスをしているのがポイントです。

時代によって変わってきたのが特徴

かつて一般的だった勧誘型の保険セールスは、ちょうど加入をしようと思っている人であれば問題ありませんが、それ以外の人からすれば非常に迷惑です。「セールスマンのセールスとインターネットの勧誘は勘弁してほしい」との格言があるように、勧誘されることは多くの人にとってあまりうれしくない行為です。 少なくとも、何か商品を購入したりサービスを受けたいと思うのであれば、自分の意思で行動する人が増えました。これは、インターネットが発達したからともいえます。今まで情報に対して受け手だった国民が、徐々に情報を自分たちで集めるようになり、さらには情報発信する立場になりました。つまり、受け手の国民が攻めに回ったため、自宅に来られるよりも、自分からショップに行き該当する商品を相談しに行くスタイルが一般的になったわけです。

想像以上に集客が見込めている現実

最近は、駅前のビルの一室や大型ショッピングモールなどに保険相談サービスの店舗が設けられています。つまり、営業マンが自宅を訪問するタイプではなく、お客さんの方が積極的に行動をする仕組みに変えたわけです。その方が大幅に人件費を減らすことができると同時に、お客さんが希望している商品を提供することができるからです。 当初、そのようなサービスはあまり見込みがないと言われていました。わざわざお客さんの方からお店に足を運ぶことはないだろうと考えられていたわけです。ところがふたを開けてみると、実にたくさんのお客さんが訪れており大成功だったわけです。ショップでは、30社以上の商品を扱っているところが多く、お客さんにぴったりの商品を提供することができる点にメリットがあります。業者の方も、その方がたくさんお客さんが来てくれるため、この仕組みが大きく広まり始めました。

ピックアップ記事

最近の保険会社は勧誘が少なくなり相談が増えている

大人になると、保険に加入することが多くなります。自動車を所有していれば加入しなくてはなりません。住宅を所有していれば加入する必要があります。さらに、生きていれば生命に関する保障に加入することも重要にな...

全国の店舗で保険相談をしてみよう

なんとなく昔は言った保険に入り続けているという方も多いことでしょう。しかし、その後の家族構成の変化などによって、無駄なものに加入していることもあるはずです。また、お子さんができたなど大きな変化があれば...

保険のことを相談してプランを提案してもらう

保険の内容は分かりにくかったり、さらに特約を付けた方がいいのかなど、難しいことがたくさんあります。自分でプランを作って、インターネットで契約することもできますが、1から勉強して考えるのは大変です。そん...

生命保険などに関する相談の方法

一口に保険と言いましても範囲はかなり広いです。大雑把にいいますと、いろいろな意味で人を「守る」ものになります。そして、「守る」ものが自分だったり他人だったりしますが、とにかく「人」を守るのが目的の一つ...